TOP >> TADアーキテクツ >> ハイパネル工法

ハイパネル工法

工期短縮を可能にするスピード工法

従来の合板型枠のような解体や回収が不要で、そのまま基礎の保護枠として利用します。
そのため、解体、搬出の工程が省け工期を短縮すると共に、丈夫で美しい精度の高い基礎を構築できます。厚み0.38mmの溶融亜鉛メッキ鋼板は、現場での切断や曲げ加工が簡単。
基本サイズは従来の合板パネルと変わらず、1㎡あたり約3.7kgの軽さで持ち運び楽々。スピーディな施工が可能です。

施工事例
ハイパネル工法 ハイパネル工法

▲トップページへ