TOP >> TADアーキテクツ >> ルネス工法

ルネス工法

1階2層構造のマンション革命で今までにない収納力と解放感を実現。

収納スペースが少ない、騒音が気になる、ダニやカビが発生する…生活者のマンションに対する不満を一挙に解決した、1階2層方式の住まい。深さ60mの床下空間の創出は、より人間らしい暮らしを純粋に追求した必然の結論でした。単に収納スペースを増加し遮音性を高めるだけなら、ルネス工法でなくてもよいはずです。収納が暮らしに活きる収納であること、そして心にしっかりとどく快適性や、安全が目に見えること。すべてに一歩進んだ付加価値を提供することこそ、ルネス工法の存在価値なのです。マンションという生活スタイルの中で、住文化が育まれ、真の豊かさが共有できることを、より多くの人々に実感していただきたい。そんな思いを実現していくために誕生したルネス工法。その確かな思想の結晶は、高度な居住性をなって住まいのすみずみに息づいています。

ルネス工法に期待できる効果
  • 床下空間の利用
    (床下収納、掘りこたつ、いろり、半埋設浴槽)
  • 容易なメンテナンス
  • 梁のない天井
    (ハイサッシ、ランマ取付可能)
  • 上下階騒音の軽減
  • フレキシブルなリフォーム
ルネス工法

床下に価値を見出す。

ルネス工法の基本は逆梁。それ自体は何も目新しい工法ではありません。しかしルネス工法では、建物全体の構造に逆梁を使用。従来の逆梁に見られる床下の束(つか)を取り除き、1階分の階高で居室空間と床下空間の2階活用できるユニークな工法に成功しました。しかも床下空間のボリュームは居住空間全体の1/4にものぼります。

在来工法

梁が天井にある一般的な工法。
在来工法

  • 埋め込みの配線・配管のメンテナンスに工事が必要
  • 天井に梁があるため圧迫感を感じる

逆梁工法

梁を天井ではなく床下に設置し、床を多くの「束」で支える工法。
逆梁工法

  • 束を通して階下に音が響きやすい
  • 床下に配線は移管を通すことができるが、多くの束があるため収納には利用できない

ルネス工法

従来の逆梁工法のデメリットを解決する工法、それがルネス工法です。
逆ルネス工法

  • 床下を広大な収納スペースとして利用できる
  • 水回りを含めすべての配線・配管を床下に集めることができメンテナンスも容易
  • 従来の逆梁と比べ束がないのでコストを削減でき遮音性もアップ
  • 住空間に梁が見えないので圧迫感がない
  • 高齢者向け住宅にも対応可能

▲ページトップへ